風俗嬢と付き合う 【会話下手だから風俗嬢を惚れさせるテクニック】


え、だったらなんで風俗嬢とつきあわないの?という
ちょっとへんてこりんな題名です。

ここ7年の間、続けざまに9人の風俗嬢とつきあってきたおれ自身が
“証明”です。

風俗嬢が、いちばんつきあえます!と断言されています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
 
 

風俗嬢って、恋愛下手にとっては“救い”

何よりもまず、この風俗嬢のナマの声を聞いて下さい。

「風俗やってる女と、恋愛しようと思う男のひとなんていないでしょ。
だから(風俗嬢は)みんなどっかあきらめてるみたいなとこ、あるんです。
でも、やっぱり恋愛したいって気持ちはある・・・」

インタビューに応じてくれた風俗嬢の真実の声です。

“恋愛チーム” なんていうプロジェクトで仕事をしていますが、
おれ自身は自他ともに認める恋愛下手です。

会話も苦手だし、草食系まではいきませんが、
恋愛願望があまりないんですね。

で、さっそくぶっちゃけると、おれのいまの彼女はもと風俗嬢。

さらに、ここ7年間でつきあってきた9人の彼女はみんな風俗嬢です。

会話下手の恋愛下手が、風俗嬢とばかりつきあってきた理由

それは、会話下手なタイプの男にはぴったりだといえる”特質”や”美点”を、
風俗嬢たちが持っているからなんです。

だから風俗嬢たちを、恋愛ベタにとっての、”救い” だと思ってます。

冒頭のナマの声でわかるように、風俗嬢たちは、明るく見えてもどこかに
「恋愛をあきらめなきゃ」って思いを抱えてる。

でも、恋愛に対する気持ちは強い。
彼氏が欲しいと思っているんです。

傷つき、追い詰められて覚悟を決めた女の子だけが持つことができるやさしさ
-それが恋愛ベタにとっては何よりの魅力だし、救いでもあります。
そして、彼女たちも恋愛を求めてる

だから、「恋愛下手が付き合うなら、風俗嬢がいいよ」って言いたいです。

風俗嬢とのプライベートなつきあいは実現します!

店外デートで、風俗嬢のこころからの微笑をみる-。望めば簡単です。

たとえあなたが極度の会話ベタ、恋愛ベタであっても……。

だって、それを実現できていることが、なによりの証明です。

普通の男女が踏むべきステップを、風俗嬢なら自ら飛び越えてきてくれます。

恋愛下手にとって有利なシチュエーションが風俗嬢との本気のデートに結び付けてくれるんです。

肉体関係を持つ前、そして持った後の、
男女の関係を思い出してみてください。

いったん肉体関係を持ってしまうと、
「もうお互いすべてを知り尽くしたんだから、いいじゃん」みたいな、
ある種の「崩壊感」みたいなものが生まれ、
そこからは全然気を使わない関係になりますよね。

裸を見せ合い肌を重ねる体験って、男と女の間にあるすべての壁を壊し、
取り払ってしまう効果があるってことです。

フーゾクって、その点すごく特殊です。

なぜって客と風俗嬢は、裸になって肌を触れ合わすその行為を、
普通のプロセスを飛び越えて行うわけですから。

これって普通の男女関係では、会話やデートを積み重ねてようやく到達する場所へ、
一足飛びに先回りするのと同じ。

恋愛下手、会話下手でも、ブサイクでも関係ありません。

会話で挫折することも、失敗することもなく、
誰でも最終到達点に先回りできるってことです。

出水聡の恋愛テクニックに、
“擬似的感情の現実化” というものがあります。
 

  • たとえかりそめのものでも、一瞬でも、恋愛感情に似た心理に女性を誘導
  • 擬似恋愛の心理をあたかも本物であるかのように見せ、徐々に本物の感情へとすり替える

――という手法です。

今回インタビューで明かしてくれた風俗嬢の子はこんなことを言ってました。

「仕事とはいえ、1日3本4本こなるとなると、気持ちを入れないと無理なんです。
だって痛いから。濡れないとできないでしょ。そのためには気持から入らないといけないんで、
最初は会話で気持ちを入れるようにしてるんです。」

擬似恋愛はとても効果的な恋愛手法なんですが、この風俗嬢の発言は
「このプロセスの前半は、風俗嬢自らが完了させちゃうよ」と
言っているのと同じです。

そして、風俗嬢が相手なら次のプロセスも簡単です。

なぜなら、究極に心の壁を破壊する行為――裸になって肌を重ねるふれあい――が、
確約されているからです。

  • 相手の女性が自ら進んで恋愛感情を持とうとしてくれる。
  • すべての壁を破壊するセックスと同じ効果の行為が確約されている。

この2点が、自ら動こうというモチベーションが弱い性格でも、
言葉や行動、外見で女性を惹き付けられない男性でも、

これまで風俗嬢とだけはつきあうことができた、最大の理由だと言い切れます。

だからあなたにも簡単に口説けてしまうんです。

風俗嬢の“特性”が、会話下手を乗り越えさせる。だから風俗嬢となら、付き合える。

会話下手が会話に感じる障害を、風俗嬢ならことごとく破壊し、やさしく、しかも好意的に受け入れてくれる、って本当?

風俗嬢たちは、まず“受け入れて”くれる

どんなに会話下手な男性であっても、気がねなく女性と話せる”シチュエーション” があるって、気付いてますか?

会話下手でも、女性と気兼ねなく会話できるシチュエーション、それは――、

女性と完全に1対1になれたとき。

周囲の目がなければ、恥ずかしさはほとんど感じません。

これってまさに風俗サービスを受けるときの状況にぴったりなんです。

完全個室で女性とふたりきり。
他の誰の目もありません。

その上お互い裸になって、会話どころがもっと恥ずかしいことをするわけで……。

そういう状況が恥ずかしさを乗り越えさせてしまう。

どこかでふっ切れて、いつしか会話上手になってしまってる自分がいるわけです。

そして、会話下手がさらに喜ぶ、風俗嬢の本音をお届けします。

「会話が下手とかあんま気にならない。
というか、そんな会話下手な感じの人が一生懸命話そうとしてくれるのって、かわいいと思う。」

風俗嬢って逃げ場がないじゃないですか。

客と個室でふたりきりになって、究極のコミュニケーションを取るのが仕事。

そんな状況が彼女たちを、”まず受け容れる気持ち” にさせていると思うんです。

恥ずかしがり屋の男であっても、前向きにさせてくれる。

その風俗嬢は、イケメンでむっつりしている男性より、たとえブサイクでも、

  • 笑顔
  • 会話下手でも一所懸命話そうとしてくれている。

男性をかわいいと感じ、好きになってしまうのだそうです。

風俗嬢って、やっぱりぴったりです!

風俗嬢も恋愛を夢見るひとりの女性に過ぎません

風俗嬢は、みんなあたりまえのように客に口説かれるそうです。

でも、うまくその気にさせてくれる客はほとんどいないんだとか。

「口説かれることおおいですよ。でもウソだってわかっちゃうのよね。
お金で、いくら出すからどうとかって言ってくるひともいるけど、この人ウソ言ってるってわかる」

お金で――って話になると、口説くって言うより
愛人契約とかそっちなんですが……。

そういう話を聞くたび思うんですが、客として”買って”いるせいか、
風俗嬢を下に見る男性がとても多い。

さきに紹介した風俗嬢も、金で愛人契約みたいなことを
申し出てくる男が多いみたいなことを言ってましたが……、

裸のコミュニケーションをしてしまうために、男性側も勘違いするんでしょうね。

もう何言っても許されるんじゃないか――的な空気だと思っちゃう。

で、風俗嬢が実は、まだ胸のうちを打ち明けてくれてもいない、
ひとりの女性だってことを忘れているんです。

とにかく、まずは、風俗嬢という肩書きを頭の中から消し去って、
ひとりの女性として接するところから始める必要があります。

風俗嬢がその気になれない最大の理由は、お互いの立ち位置とそこからくる意識。

これは、自分の意識もそうやって変えなくちゃいけませんけど、
相手の風俗嬢の意識も変える必要があります。

風俗嬢の方に【 プロである自分 ←→ 客 】という意識があると、
風俗嬢たちはこちらに対してそれなりの距離感で終始、接しようと努めてしまうんです。

だから、その 意識 = 関係を縛り付ける枠 をまず破壊しないといけない。

それには、

  • ひとりの女性として「楽しい」と感じさせる
  • 「普通の客とは違う」男性であることを認識させる

この2つからスタートします。それによって自らを縛る枠を破壊してしまえば、
風俗嬢はやがて、こちらの来店を待ち焦がれるほどの心理になっていくんです。

【プロとしての自分←→客】という枠を破壊すること
こんな簡単なことが、風俗嬢と付き合うために最大効果を発揮します。

たった3度の指名だけで、恋愛感情を抱かせる

風俗嬢ならではの心理特性によりかかって会話する
その積み上げとちょっとしたハプニングだけで、風俗嬢は勝手にドキドキし始めます。

風俗嬢って、

  • ブサイクや会話ベタな男性でも受け容れる気持ちを持っている
  • 恋愛をあきらめかけながら、反面、強い憧れを持っている
  • 口だけが上手い男の嘘も、口ベタ男の誠実なひと言も見極める

という特質を持っているわけで、だからこそ恋愛下手、
会話下手で嘘がつけない男にぴったりだと、思うんです。

積み上げる

風俗嬢からすれば、まだよく知らない相手ということもあるし、
経験上疑り深くなってもいるわけですから、あるひとつの感情をぽんと置いたとしても効果は薄い。

だから”感情を積み上げる” 作業を行います。

恋愛感情とは、

  • “好き” という感情(好感または愛情)
  • 依存心(相手を頼る気持ち)
  • 罪悪感(相手に悪いことをしたという気持ち)

――という3つの感情が揃わないと、形成されないといいます。

“積み上げる” ステップとは、このうちの好感 依存心を風俗嬢に植えつけていく作業です。

具体的な方法としては『会話』をするだけです。

ただし目的に合わせ、指向性をもたせた会話です。

意表を衝く

恋愛感情とはやはり特別な感情です。

そこへたどり着くためには、小さくてもかまわないから、
爆発的なエネルギーを何度か与えてやる必要があるんですね。

そのために、相手の”意表を衝く” 行動を散りばめていきます。

こうなるはずだ――という予定や予測を裏切る、
あるいは、全然想定していない、予期しない行動を取って驚かせる。

これが”意表を衝く” 行動です。

たとえば、予期しないプレゼントをもらったときの心理って、”嬉しい驚き” ですよね。

こうしたポジティブな驚きって、心理的に小爆発的なエネルギーを
加える効果をもたらすんです。

それまで手作業でひとつひとつ積み上げてきた「好感」みたいなものが、
そのエネルギーで一気に高まるイメージ。

これがないと、なかなか恋愛感情にはたどりつけない。

またこのステップは、恋愛感情を形づくる3つの感情のうちの罪悪感を植えつけるステップにもなっているんです。

なので、ここまで完了すればその3つの条件が揃うわけで――、
風俗嬢はこの段階あたりから、こちらに好意以上の感情を抱きはじめ、
会うことを期待するようになり、ドキドキし始めるというわけです。

順調なら、たった3度の指名だけで、風俗嬢とのプライベートな付き合いに入れます

会話下手が会話で盛り上がる!風俗嬢とつきあうまでの3ステップ

風俗嬢とつきあうまでの行動とは、

  • 1回目の指名 ひとりの女性として接し、楽しい気分にさせる
  • 2回目の指名 ”特定の話題” の会話で盛り上がり、”特別な人” に
  • 3回目の指名 連絡先を教えあいプライベートなつきあい開始

という流れです。

たったこれだけで赤の他人だったふたりが、デートするまでになれる理由は、

  • 風俗嬢ならではの心理特性
  • 風俗サービスがもたらす心理作用
  • 誠実な態度とそれを信用させる行動

この3つの条件が効果を発揮するからです。

どの条件も無理やり作り出したものではなく、
状況を利用し、または自然な流れの中で行った行為の結果にすぎません。

それなのに、これこそ――、仕掛けてからたった3週間。
3度の指名だけで、38歳の会話下手、恋愛下手が憧れの風俗嬢とお付き合いを開始した
恋愛テクニックです。

3度の指名(最低)、4つのステップの中に詰め込まれたポイント、テクニック、
ヒント、行動や台詞の例etc. をピックアップ。

風俗嬢とつきあうまでのプロセスのすべて-その全貌がテキストでは明らかにされています。

これは、うわべだけの言葉で取り繕い、騙して肉体関係だけを狙うテクニックではなく、
ひとりの女性の心理を、手軽に誰でもできる方法だけを用いて誘導し、好感以上の感情を植え付け、
プライベートな関係に発展させるまでのノウハウを満載!

風俗嬢好きな方ばかりでなく、
今まで一般女性にハードルの高さを感じている方にも読んで頂きたい内容です。

風俗嬢ではない、普通の女性にも有効なテクニック・ノウハウです。

え、だったらなんで風俗嬢とつきあわないの?

この“風俗嬢とのおつきあい開始法”は、自分の体験から正直に、
冒頭の言葉を含め、このタイトルの文言をまず皆さんにお贈りしたかったんです。

「風俗嬢とつきあいたい人は会話ベタじゃない!」
「会話ベタ、恋愛ベタを自認する人が風俗好きとは限らない!」

風俗嬢って、やっぱりどこかに後ろめたさみたいなものを抱えていたり、
傷ついた経験があったりして、本当にみんな謙虚だし、やさしい。

一般の女性よりも、本当に恋愛が苦手な男性でも、
あったかく受け容れてくれるような部分をたくさん持っているんです。

そんな思いがあったので、たまたま何人かの風俗嬢と
付き合ってきたという事実があったからとはいえ、
それだけでそのノウハウを”風俗好きの方限定”でリリースしても
なんだか物足りない気がしたんです。

もっと彼女たちの良さを、広く男性諸氏に知ってもらいたいと思ったんです。

そんな意図をこめて、マニュアルの方も、風俗嬢にだけじゃなくて、
一般の恋愛テクニックとしても充分使えるように配慮して作りこみました。

形こそ風俗嬢を向いていますが、むしろこれは女性の心を掴むための、
ベーシックなコミュニケーション法でもあるんです。

ということで、風俗嬢に限らず、イイ女がいたら
ここに盛り込んだテクニックを使ってみてください。

 
 

 

このページの先頭へ