会話術のコツ 【初対面から心をつかむ無理しない会話術】

パーティー合コンでは必ずかわいい女の子と盛り上がり、恋愛も当たり前のようにバンバン成功させる男に変身させた、
凄い会話術のセミナー動画が、今ならたった4,000円で販売中!

みんなから話しかけられ、誰からも好かれるような人に変わりたい方に♪

人を惹きつけ、恋愛土俵に上がるための『初対面から心をつかむ無理しない会話術』セミナー動画です。

これからは、自然に自分から話しかけて人の輪の中に入っていくことが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

初対面から心をつかむ無理しない会話術

はじめに断わっておきますがこの『初対面から心を掴む無理しない会話術』は、
恋愛というハードルにいきなり挑戦するものではありません。

もっとベーシックな人間関係を育て、それを恋愛という発展形に育てようというコンセプトで、そのための会話のすべてが語られています。

今回の動画セミナーは、
恋愛以前の人間関係を良くするための、もっともベーシックな会話術を、
出水聡と矢口タカ、ふたりのコミュニケーションの達人が、カメラの前で語る動画形式で製作されています。

見ればわかる!マネしてして完了!型のセミナー動画です。

≪講師紹介≫

  • 恋愛トップ・プロの出水聡(サトシ):これまで200超の恋愛テクニックを、7年間にわたる活動で約37,000人の男性に伝授、約5,000人に直接対面で教授し、うち100人に結婚を達成させ、日本の恋愛に関するプロの中でもトップ5に選出されました。
  • 恋愛ナンパマスターの矢口タカ:サトシが「間違いなくダントツで日本トップレベル」と認めるコミュニケーション能力の持ち主です。

“会話の仕方” という、伝えにくい内容を一目瞭然にするため、ふたりの講師が対談する形のセミナー動画になっています。

サトシ、タカ、ふたりの恋愛コミュニケーションのプロが 、恋愛に漕ぎ付ける以前の段階でつまずいている男性に向け、
次の段階へ進み、恋愛土俵に上がるためのコミュニケーション会話のすべてを語っています。

ふたりのコミュニケーションの達人が解説する、
会話のコツや具体例を真似るか、そのまま丸パクリするだけ。

見れば、簡単に、誰からも好かれ、話しかけられるキャラに生まれ変わる!?初対面から心をつかむ無理しない会話術です。

モテる男の会話術

まずは恋愛対象に入る= 恋愛土俵に上がらなければ何も始められません。

これは初対面から相手に好感を持たれ、心を掴む会話術だけに焦点を絞り込んだものとなっています。

女性の心を掴む会話法

たった数分間の会話で女性の心を掴む方法とは?

パーティー合コンで印象が薄く、”その他大勢” の中に埋もれてしまい、
女性に思い出してももらえない――、

自己紹介はNG・・・

そうなってしまう理由が、実は、最初に自己紹介をするからだ、
という事実を、あなたは知っていましたか?

顔を合わせるなりすぐに自己紹介をされ、
「仕事は何?」「どこに住んでるの?」「休みの日には何してる?」等々……、100%他の男性がするのと同じ質問をされる。参加者が多い場合、女性は何度も何度も同じことを繰り返されてウンザリしてしまいます。

だから最初に自己紹介をしてはいけない!
自己紹介の前に、まずは女性に自分を印象付ける会話をしてください。

恋愛対象異性と出会うことこそ、カップリング・パーティーの目的のはずです。

ということは、男性は女性の気持ちを惹きつける必要最低限の会話ができさえすれば、メアド交換までは簡単にできるということです。

この”必要最低限の会話”を身に付ける には、

  • 会話を始めるきっかけづくりと話し方
  • 女性が食いつきやすい安全な話題
  • 逆に、触れてはいけない話題と注意点等

が大切です。

パーティーや合コンにおいては、自分に対して女性が

『さっきの人、また戻って来てくれないかしら・・』

と思うように仕向けるための初対面会話が”鉄板な流れ”です。

女性が男性に抱く“距離感”

女性は、相手との親密度や相手に感じる親近感を、
相手と自分との“距離” として認識します。

そんな女性をプライベートなイベントに誘い出すには、
それが許される”距離” にまで接近し、それなりの信頼関係を築いていることが必要です。

それができていないうちに誘おうとすると、

女性には拒否する心理が働き……、しかもその距離感を、その後もずっと維持しようとします。

つまり、『一度断られてしまうと永遠に無理』ということにもなりかねない危険性を、女性は性癖として持ち合わせています。

よく言われる「女は押しの一手」は大嘘です!!

「今週の土曜がダメなら、いつならいいかな」

こんなふうに、いったん誘いを断った男性がさらに押してきたら、
女性はその男性に対して“苦手意識” を感じます。そして、よりいっそう避けようとし始めます。

嫌がる女性を押しまくっても、絶対にOKは返ってきませんし、それどころか「キモイ」とすら言われかねません。こうなったらもう、そこからの復活は不可能です。

女性を誘って断られないために最も重要なことは、

誘い出そうとする以前に、
距離感を最小にまで縮めておくことです。

それさえできていれば、女性があなたの誘いを断る可能性は、まず、なくなります。

なお、この会話術ナンパ術ではありません。あなたがストレスを感じるような無理な会話術ではありません。

普段の生活の中で出会う身近な相手と継続的に、
無理のない、短い、『普通の会話』をかさねてゆくことで、徐々に親密度を上げ……、

最終的にデートに誘えるところまで、女性の”距離感” を縮めることをテーマとしています。

ですから誰にでも、憧れの女性を誘える男に 生まれ変わることが可能なのです。

女性と親近感を高める!

女性は決して一目惚れしない
という事実が、早稲田大学の【恋愛学】森川教授による実験結果で、
あきらかに立証されています。

女性は、外見的な条件にとらわれることなく男性を選ぶことが 証明されているのです。

外見で男性を選ばないという特性がある女性に、”イケメン”はアドバンテージにはなりません。
女性が初期のコミュニケーションで重視するのは、見た目のカッコ良さではなく、
実は、話しやすいかどうか――なのです。

そして特に、最も重要で、最も簡単に作りだすことが出来る要素が“楽しそうな雰囲気”であり、
それを作り出すための方法とは、笑顔になることにほかなりません。

一瞬で心を掴む会話術

挨拶を交わすぐらい一瞬の接点しかない相手と、プライベートな会話をするほど仲良くなる、そんな今のあなたにとっては夢のように思えることも、現実には可能です。

例えば、会社の受付嬢――。きちんとしたビジネストークの合間に、

リラックスし、カジュアルな雰囲気の、
ブサイクな(=気取らない)笑顔

といった印象、キャラクターがちょっとだけ垣間見えるとき
ひとは正しく、親近感を覚えるものです。

さらに、例えば、訪問した会社を辞するとき、受付嬢に駅までの道順を訊ねたらどうでしょう?

すると次回訪問する際、こんな会話ができるようになります。

営業マン「この間はどうも」
受 付 嬢 「 あ、どうも……そういえば道、大丈夫でした?」
営業マン「いやあ……、結局迷っちゃったんですよね」(笑)

という『ふたりだけの会話』につなげられます。

こうした『ふたりだけの話題』は、周囲にも羨ましさを感じさせますが、会話の当人たちも、
その話題によって親密度が高まっていることを意識させます。

このような普段のビジネス会話には使われないフレーズが出てくると、それだけでインパクトは大きく、また笑いにもつなげやすくなり、親近感を高めるのにかなりの効果があります。

会話テクニック

会話上手になるためには、
『話しかけられ上手』になることが、最も近道であり、最も重要だといえます。

また、初対面会話は、恋愛とは分けて考えなくてはいけません。

一般的なコミュニケーション会話会話テクニックとして、ごくベーシックな、
恋愛とは無関係なシーンでも使える基本的なものを5つピックアップして、ご紹介します。

エスカレーション 一度体験したことがベースとなり、次回からはそれが当たりまえになる、というサトシの恋愛理論。
例えば、一度キスをすれば、次回からもキスは当たり前にでき、それ以上の関係を築く土台となる。
いじり 相手のことをダシにして笑いを誘うような会話のこと。(ただし、このテクニックは相手の心を掴んでからにする必要がある)成功すれば、親近感を飛躍的に上げられるため、コミュニケーション初期のハードルをクリアした後は必須。サトシは『相手を持ち上げる』台詞を基本とした3パターンと、『グループ化(=女性を味方化)』し、第三者を標的にする会話をよく使う。
反力 押すと押し返してくる、コミュニケーションにおける反作用を表現したサトシの理論。心の矢印(ベクトル)を決定付ける要素でもある。これを利用し、こちらのベクトルを女性に向けるのではなく、女性のベクトルをこちら側に向けさせることができる。男「おれのこと好きじゃないでしょ」(押す行為)
女「そんなことないですよ~」(押し返してくる反力)女性は“押すと逃げる”習性を持っているため、心理的に女性が男性を追う形にする必要がある。
想定外の許容(範囲)内 相手の想定外の行為や台詞は、相手の心を掴むのに非常に有効だが、相手の許容範囲内で行う必要がある、というサトシの恋愛理論。
“反力”や“いじり”、その他会話をする際にも、広範に使える考え方である。
比喩と比較 単純な話題づくりのためのコツ。これを知っていれば周囲にあるすべてのものが話題のネタとなり、想像や妄想すらも話題に変えられる。無難でありながら、そこそこ食いつきが良い話題提供が無制限に可能となる。

コミュニケーション能力向上のための会話術

『初対面から心を掴む無理しない会話術』は、恋愛というハードルにいきなり挑戦するものではありません。

この動画セミナーは、恋愛以前の人間関係を良くするための、もっともベーシックな会話術を、
ふたりのコミュニケーションの達人が、カメラの前で語る動画形式で製作されています。

より具体的な状況ごとに、絞り込まれたテクニックへ対応する恋愛商材『ピンポイント解説シリーズ』であるため、会話上手になるための初歩的な基本を学びたいという方には男性だけではなく、女性の方も学べる質の高い内容となっているとは思います。

これは個別のテクニックごとに、短い(30分程度の)セミナー動画にまとめ、低価格でご提供する――というコンセプトで作られた、新しい形の恋愛教材シリーズです。

もっとベーシックな人間関係を育て、それを恋愛という発展形に育てようというコンセプトで、そのための会話のすべてが語られています。

だから、あくまでも会話の第一段階、入門書のレベルにとどまっており、モテ会話マスタープログラムや出水聡の口説きプレミアム塾の方が総合的な恋愛商材となっています。

木を見て森を見ず、ではありませんがこちらで全体像を把握しながら、学んでいった方が基本会話恋愛会話の両方が分かりやすく解説され、私は十分であると考えます。

なお、同シリーズは本教材初対面から心をつかむ無理しない会話術のほかにも、

『聞き上手で成功する恋愛会話術』
『メアド交換だけで恋愛感情を抱かせる方法』
『10歳以上の年の差女性との恋愛を成功させる会話術』
『なんちゃってアイドルとの出会いを量産して一気に仲良くなる方法』
『夫婦仲・カップル仲のための愛情復活』

等のシリーズ作品があります。

いろいろ学んだのだけれどこの部分が今一つ理解できないんだよな、この部分が自分は弱いというポイントが分かっている方にはおすすめ動画です。

出会いがない

男性の悩みの多くが「出会いがない」ことであると言われてます。

ナンパができなければ恋愛できない、なんてことはありません。

ナンパをする男にとっては、出会いの機会は女性の数と等しいと言えます。

しかし、ナンパをしない方でも、あらゆる初対面の女性と、恋愛を抜きにした
普通の会話でまず仲良くなる
ことができれば、

出会いのチャンスは、女性の数とほぼ等しくなるはずです。

同じ会社内でまだ話したことのない女性社員や、
同じマンションに住む、挨拶程度の関係の女性

ほかにもショップ店員、区役所の窓口の女性、病院で知り合った看護師、
行きつけのコンビニの店員、よく行くレストランの女性スタッフ、
毎朝出勤時、駅までの道ですれ違う女性等々……、

接触の機会のある、ありとあらゆる女性と仲良くなれる可能性が生まれるでしょう。

恋愛というものは本来、普通の人間関係が発展したものです。

ですから、ナンパができなければ恋愛ができないとか、
イケメンでなければ恋愛は無理だとか、

そんなことは絶対にないと言い切れます。

基本的な人間関係を築けるなら、恋愛もできます。

・あらゆる女性と気安く話しかけられる関係が築け、
・いつでも楽しく会話できること。
・ひととして信頼され、好かれること。

それができれば、必ず恋愛のチャンスにつながっていきます。
世の中にいる人間の半分は女性です。

是非、いろんな女性にアプローチを試みてください。

女性だって、素敵な出会いを求めているのです。

恐れることはありません。
恋愛を意識しなくていいんです。

普通に『女ともだち』をつくるつもりで試してみてください。

仲の良い女ともだちがたくさんできたら、
いつかドキドキできる相手が、必ずその中から生まれます。
あなたが良い結果を掴むのは、もうすぐです。

出会いがない――?

それって、思い込みかもしれません。

身近な女性との関係を、少しずつ無理なく積み上げるようにして、最終的に恋愛という形にまで、
はぐくんでいただけるものと確信しています。

あなたは生まれ変わり、周囲との人間関係を良いものに
発展させ、恋愛を成功させるでしょう。

>>初対面から心をつかむ無理しない会話術販売ページを見てみる

関連記事一覧:

  1. 会話術のコツ 【“聞き上手”で成功する恋愛会話術】
  2. 婚活スタイル 【婚活自己PR】
  3. 瞬間恋愛会話術 【会話術のコツ】
  4. 女性を一気に盛り上げ、釘付けにする【ネタ100選】 【会話術のコツ】

このページの先頭へ