キャバ嬢攻略メール 【出水聡-サトシ-のキャバ嬢攻略メールテクニック】


~客ポジションから抜け出し、キャバ嬢の恋愛対象ど真ん中に入るメール術~
キャバ嬢を戦略的にメールで落とすテクニック「キャバ嬢攻略メール」

イロ恋を武器に男を食い尽くそうとする
美しく手ごわいキャバ嬢が、
あなたからのメールを待ち焦がれるただの女に変わる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

出水聡のキャバ嬢攻略メール

キャバクラ嬢60股オーバーを7年以上に
わたって維持し続けたトップ恋愛マスター出水聡
基本戦略となったメールのノウハウを完全伝授!

お店とか客とか、そんな垣根を取り払った、とても近くて楽しいメールを キャバ嬢と途絶えることなく続け、プライベートな関係に持ち込むことを可能にする メールテクニックを発見し、磨き上げた男がいます。

これらすべてに答えを出し、理想のメールのやり取りを続ける方法を、

キャバ嬢とのメールにおけるルール、法則、コツ、すべてのノウハウを知り尽くした男、
出水聡――サトシ――がお教えします。

トップ恋愛マスター 出水聡――サトシ――
アメリカ武者修行から始め、数々の恋愛テクニックを開発しながら
恋愛マスターの道を歩み続けてきたサトシ。

多年にわたり恋愛マスターの道を歩んでまいりましたが、
海外修行を経た後、帰国後はネットナンパに始まり――、

そして“キャバ嬢落とし”でピークを迎えたと思っています。

その7年の活動期間中、絶えることなくキャバ嬢60股オーバーをキープ。

本編にも60股オーバーと書きましたが、「私は出水聡の彼女」と
認識している女性の数は、実際にはもっと多かったと思います。

僕自身にも正確な数は、いまだに掴めていませんが、
その中の多くがキャバクラ嬢です。

あまりの落としっぷりに出入り禁止を食らったキャバクラ無数。

なぜそれほどまでにキャバ嬢落としに熱中したかと言いますと、
彼女たちはイロコイを売り物にするプロだからです。

プロを相手にして、僕がどれだけ“食われず”に“食える”のか
その点にとても興味がありました。

そんな僕自身、のめり込みつつも「バカな遊びに熱中しているな」という
醒めたもうひとりの自分の存在にも気付いていました。

ですが、そんな遊びでも突き詰めるとなかなか内容が濃く、
しかもそれを欲しがる人を救うことにもなり、そこに意義を見出すことができたのです。

ネットを渡り歩いてみても――、

キャバクラ嬢が大好きで、しかしプロ相手のイロコイであるがゆえに傷を負い、
それでもやめられないといった男性たちの手記を簡単に見つけることができます。

僕が持っている些細なノウハウが、そんな男性たちを救う手立てになれば、
これ以上幸せなことはないと思っています。

僕のノウハウを手にし、上手に遊んで人生を楽しんでください!

メールを送る内容

あなたはこんなメールをキャバ嬢に送っていませんか?

  • 『今日はこんなことをしたよ』的な、写メつき近況報告メール
  • 新調した服を着た自分の写メを送り「どうかな?」メール
  • 最新の話題を提供するつもりで送る、テレビなどで騒がれている芸能ネタなどについて「どう思う?」メール

実はこれらは、送られる側にとって、“どうしていいかわからないメール”です。

キャバ嬢が“どうしていいかわからないメール”を受け取ったときどうするかというと……。

客を自分に食いつかせておきたい一心から、
嬢たちは基本、一所懸命レスしようとしますが……、

実はこの行動は、重大なネガティブ心理を嬢たちの心に起させます。

《 あなた = めんどくさい客 》というイメージの図式ができあがるばかりでなく、

それでもレスを考える =《 苦労・苦痛 》⇒ “でもお客だからちゃんとレスしなきゃ”

こんな心理の流れが起こることで、

『この人は客』

というイメージが、キャバ嬢の心に強烈に固定されてしまうのです。

そして、『客』というイメージは、『プライベート』という
ポジションから最も遠い位置にあたります。

キャバ嬢を食事に誘って「忙しい」と断られる人、
プライベートな店外デートに持ち込める人。この差が違いとなって表れます。

  • ルール1:客として認識されるメールを送ってはならない

    どんなメールだと客として認識されてしまうのか、どんなメールだと客ポジションを脱却できるのか、実例を挙げて解説しています。

キャバ嬢の心を惹きつける方法

指名、来店、同伴出勤、食事や買い物をせがむための店外デート等々、
キャバ嬢はあの手この手で、自分の利益になる行動を男性にさせようとします。

相手が可愛いからといって、男性がそれを甘んじて受けてしまうことは、
すなわち『客』ポジションに据えられることにほかなりません。

客としてウケがいいポジションには立てたとしても、
それではプライベートな関係を見据えた距離には立つことはできなくなります。

客ポジションに分類されることを避け、『ただ者じゃない』と思わせるために、
メールのやり取り開始以前に、できることがあります。

  • キャバ嬢の手口、思惑を先回りして衝く
  • 自分が“無理にこの店に固執する必要はない”と認識させる

これらの要素をキャバ嬢に伝えるだけで、
キャバ嬢は「この人、こちらの手を知り尽くしている」と認識し、
「普通の客として扱うことはできない」と考えるようになります。

しかし、そればかりを高飛車な態度で宣言してしまうと、
ただの「嫌な客」になってしまいます。

そこで――、

  • 会っていて楽しい相手という認識
  • 普通の客以上の親近感
  • “この人を掴んでおきたい”と切望させること

を同時にキャバ嬢に与えることが必要になりますが、

それは――、

お店での台詞回しだけで、充分に可能です。

台詞回しひとつで、有利な位置に立ち、キャバ嬢の心を惹きつける方法があります。

  • ルール2:客ポジションから遠のきながら、キャバ嬢の心を強烈にこちらに向けさせること

    本気モードのキャバ嬢との関係を60股オーバーで回し続けたサトシが、最も得意とする≪現場での台詞回し≫を、そのままお教えしています。

戦略的メール

酷な話をしなければなりません。

最後に行ったのは2年前、
そんなキャバクラの子から突然来たメール。
それが何を意味し、それにどう対応するのが正しいか?

そのメールは、その子があなたを忘れられずに出したメール……ではありません

業者がキャバ嬢から請け負った《一斉送信メール》です。

そんな業者が存在し、キャバ嬢向けにメールの
テンプレートを販売している事実が、確かにあります。

また、お店の黒服がキャバ嬢を装って客にメールするケースもよくあります。

こんなふうに、キャバ嬢からのメールは常に戦略的であり、
アマチュア目線で素直に対応するだけでは、到底歯が立ちません。

それが彼女たちの仕事である以上、彼女たちのプライベートな
領域に踏み込むためには、こちらも対抗策を講じる必要があります。

それが、《 心構え=マインドセット 》と、しっかりとした《 戦略 》です。

例えば、キャバ嬢から来たメール内容とは
全くかけ離れた内容のレスを返すと、キャバ嬢は混乱します。

キャバ嬢の親切心を利用し、料理のレシピや有名なお店の場所を
メールで訊けば、それについてレスはかなりの確率で返ってくる上……、

その後きちんと料理できたか、ちゃんと店までたどり着けたか、
こちらの動向を気にかける材料を与えることにもなります。

こんなふうにメールのやり取りを常に戦略的に考えて行うことで、

  • キャバ嬢たちを混乱させ
  • あなたのことが気になってしかたなくさせられ
  • いつもあなたからのメールを待つような心理に誘導でき
  • 最終的に客ポジションを脱することが可能となります。
  • ルール3:キャバ嬢からのメールは決して真に受けず、戦略的に動くこと

    キャバ嬢とのメールで取らなくてはならない、あるいは取って効果的な戦略的メールを、具体的なフレーズを交えてお教えいたします。

キャバ嬢攻略メール

キャバ嬢とのメールにいきづまった38歳・既婚・どこにでもいる普通のキャバクラ好き会社員が、
メールだけでプライベートなデートを成功させた実話です。

「いくらサトシさんでも、これはどうにもなりませんよ……」

とぼやくNさん――。

お気に入りのキャバ嬢が、いくら頑張っても、どんなに考えた文章のメールを送っても、
絶対にレス(=返信)を送ってきてくれないと言うのです。

そう言って諦めモードで苦笑いするNさんにサトシが……、

「じゃあ僕がNさんに代わってメールを送ってみましょうか?」

「無理だと思いますよ。
Aちゃん(相手のキャバ嬢)は本当に見たことがないくらいの美人で、
すごい人気なんです。私なんか相手にしてもらえなくて当然なんですよ」

「そうなんですか……」

「それに、メールのレスが来なくなってもう3ヶ月ですよ。
時間的にももう、取り返しがつかないほど経ってます」

「でも、試しにやるだけやってみるのもアリじゃないですか?」

サトシがそう言って、そのキャバ嬢にメールを送ると、
なんと、あれだけうんともすんとも返してくれなかった嬢から、2分以内にレスが!

「いったいどんなメールを送ったんですか!?」

キャバ嬢の心理と狙いさえ知っていれば、たやすいことですよ。
ちなみに今送ったメールは、たったの《13文字》です」

愕然とするNさんにサトシが言います。

「レスが返って来たってことは、まだ可能性は充分にあります。
ここからメールを続けさせて、Nさんとのメールを
やめられなくしてしまうことも可能ですよ」

サトシはそう言うと、まずはNさんがA嬢に送ったメールをすべてチェック。

「あー、このメールって午後○時△△分に出してますね。
この時間では、レスが来ないのも当然ですよ」

「時間が関係あるんですか?」

ありますよと答え、サトシはその後も

「あ~、長いな」「これじゃ考えちゃうなあ」等とつぶやきながら
メールをチェックし続け――、

Nさんのメールの悪いところをすべて指摘し、正しいメールの方法を教えました。

1ヵ月後、NさんはA嬢と店外デートに漕ぎ付けたそうです。

しかも、高級レストランなどではなく、有名だけど値段は安いB級グルメの店でした。

「私が誘ったんだから、私が払います」

とさえA嬢は言い、微笑んでくれたそうです。

  • ルール4:メールを続けさせるには≪対キャバ嬢・メール哲学≫を貫きます

    メール分の作成や、送信時間までこの哲学を基にして考えれば、キャバ嬢はレスをつけてくれるようになります。あとはそれを継続するだけです。
    その哲学と、対キャバ嬢メールの戦略におけるすべての注意事項をお伝えいたしております。

キャバ嬢とのメール成功法

男性メールの典型を知っていますか?

女性が同じ内容をメールするとしたら、全く違ってきます。

こういうふうに短いフレーズで何度もやり取りを重ね、
最終的にすべての情報が知らされるという手順を踏みます。

このように、キャバ嬢とのメールも、女性が好んでメールしやすい体裁に
合わせることで、好感度が上がり、レス率も格段に上がります

他にも、

  • クスッと笑わせ、突っ込みたくなる
  • 全貌を知りたくなって、ついレスしてしまう
  • 質問形式なのに、考える手間を省いてあるから答えやすい
  • 親しみを感じ、読んで抵抗感がない質の文章
  • ウザイと思わせない適度な字数と文字列の分量
  • 面倒臭くない内容

こんな簡単な条件を守ることで、メールの印象はずば抜けて良くなります。

キャバ嬢に、あなたとのメールが楽しいと思わせれば、
メールのやり取りは間違いなく長続きすることになります。

楽しいメールを送ってくれる相手に、人はどんな感情を抱くでしょう?

メールのやり取りが長く続けば続くほど、相手に対して抱くその感情は強くなり、
また習慣化して、メールに対してだけではなく、

次第にそのひと本人、つまり、あなた自身に対する《 本物の 》感情となっていきます。

  • ルール5:体裁の法則を守り、簡単な条件を満たすだけで、キャバ嬢とのメールは成功します

    キャバ嬢メールで勝つためのメールの体裁、法則、条件、文章、内容など、必要なすべてをお教えいたしております。

出水聡-サトシ-のキャバ嬢攻略メールテクニック

メールだけでキャバクラ嬢を手玉に取り、プライベート領域に踏み込んで
気安い関係を築く秘密が公開された『キャバ嬢攻略メール』の動画教材です。

キャバ嬢とのプライベートな関係構築を見据えたメールの法則をお伝えする教材です。

サトシがこれまで築いてきた実績から見て、メールのやり取りがもたらす効果は、
かなり高いと言わざるを得ません。

直接の会話よりもはるかに有利な“ある条件”が、
キャバ嬢に特別な感情を抱かせるのに有効な働きをするからです。

キャバ嬢60股オーバーを実現したサトシのメール術を、あなたのものにしてください。

これは、女性が嫌がるような行為や言動、あなたに不信感を抱かせたり、嫌いになってしまうような行為もありません。逆に、女性が安心し、信頼し、距離感を詰め、より親近感を高める行動と考え方をご紹介しています。

ケータイでメールができる方になら、必ずできる方法が紹介されています。

>>キャバ嬢攻略メール販売ページを見てみる

関連記事一覧:

  1. メアド交換だけで恋愛感情を抱かせる! 【出水聡-サトシ-の最強メール交換術】
  2. 女を口説くメール 【ジャンキーメール】
  3. キャバ嬢を口説く 【キャバ嬢の真実とプロの攻略法】
  4. キャバ嬢の落とし方 【キャバ嬢妄想狩り】

このページの先頭へ